2016年04月07日

【視力回復は手術?】トレーニングの効果で近視の回復の方法とは

近視の回復の方法とは
私のお伝えする近視回復エクササイズやトレーニングは、
効果がある事が実証された方法で、どこにも出回っていないものです。

あなたの近視が改善するのには理由があります!
この方法は現在までに3万人以上の方が実践し、
更に88.8%の方が“その場で”視力が回復した事が証明されています!

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

では、この人たちはいったいどうやって視力を回復させたのか…
今から、その秘密を初公開します。

私がこのサイトを立ち上げた理由はとても単純です。

視力が悪くて、悩んでいる人があまりにも多いから。

そして、その人たちに「視力は回復出来る!」という
喜びを実感していただくためです。

「でも、視力を回復させるためには手術しかありませんよね?」
という声が聞こえてきそうですが、心配はいりません。

私のところに相談にいらっしゃる方も、次のような悩みを抱えています。

「近視は治したいけど、手術は怖い」
「リスクや高額な費用をかけてまで手術には踏み切れない」

また、視力回復の為にトレーニングを試してみても、
「なかなか効果が現れない」「全く効果が現れない」「忙しくて続けられない」
といった事もよく耳にしてします。

一般的に、近視を改善させるためには
手術しかない…と。

しかし、私は「本当に手術以外で近視を改善させる方法はないのか」
という課題を掲げ、20年以上研究を続けてきました。

世間に出回っている、様々な原因説を検証してみたり、
マッサージの効果を試してみたり、目だけではなく身体との密接な関係をも
視野に入れ、様々な研究と実践を繰り返してきました。

その研究が10年を過ぎようとしていたとき、
私は画期的なものと出会いました。

それを使い、視力を失って歩く事もままならない患者様を1度治療しました。

その結果。
たった1回の施術で、5m先を指差し「あ、時計だ…」と言ったのです。

視力を失っていた患者様が、
たった1回の施術で光を取り戻した瞬間でした。

更に、数日後2回目の施術を行いました。
すると、今度は時計の針が動くのが見える…そう言ったのです。

私は、嬉しくて仕方ありませんでした。
しかし、同時に
「何故眼科医は、こんなに簡単に視力を回復出来るのに、患者さんを治してあげないのか…」
という苛立ちを覚えました。

更に日が経った頃…
歩くことすらままならなかった患者様は0.01の視力が0.5にまで回復し、
それはそれは、とても喜んで光のある生活へ戻られました。

もちろん、角膜を削るような手術は一切行っていません。

つまり、事実上不可能とされていた
手術などを一切行わずに、視力を回復できたのです。

通常、近視を改善するためには角膜を薄くして屈折力を弱め
矯正するという手術が一般的です。

しかし、この方法は手術を行わなくても、近視を改善させる事が出来るのです。

その効果の高さが注目され、以前マキノ出版さんより、取材をうけ、
特集がくまれました。

更に、購読者様からの要望により、
マキノ出版本社ビルで特に視力の悪い購読者様を集め、
2時間のセミナーが開催されました。

応募人数をはるかに上回るお申込みが殺到し、
近視、乱視、飛蚊症などを患っている人が、そのセミナー内で
私がお伝えしたエクササイズを実践し、何と88.8%の方が、視力を向上させたのです。


近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ
近視の回復の方法とは
私のお伝えする近視回復エクササイズやトレーニングは、
効果がある事が実証された方法で、どこにも出回っていないものです。

この“視力回復”の素晴らしいとことは他にもあります。

それは、専門的な知識も必要なく、手軽に行えるのに、
手術を行った場合よりも、高い効果を誇っているという事です。

視力回復の手術の効果ってどのくらい?」と思う方もいますよね。
では、近視改善で最も代表的な手術をご紹介します

視力回復のための手術は、
レーシック、イントラレーシック、エピレーシック、ラセック、ウェーブフロント、
フェイキックIOL、PRK、フレックスPRK、放射状角膜切開術、など様々なものがありますが、
現在最も一般的なのは、レーシックです。

では、レーシック手術についてお話しましょう。

2000年以来、エキシマレーザー装置(レーザー光を発生させる装置)が
医療機器の承認をうけ、販売が許可されたことから、

日本でもレーシック手術が行われるようになりました。

レーシックは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、
角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術であるため、
角膜に一定の厚さが必要であり、角膜が薄い場合や
眼に疾患等を抱えている場合は、手術が受けられません。

更に、近視の進行する10代の若年者も同様、手術を受ける事が出来ません。

また、レーシックの歴史は浅く、長期に渡る後遺症の安全性は未確認だともいえます。

2000年、レーシック手術導入当時は、手術を受けた患者数は2万程度でしたが、
2008年には年間に40万人もの人が、レーシック手術を受けています。

しかし、その中で多く報告されているのが、後遺症。

何と、手術を受けた6ヵ月後には
33.36%の人がドライアイになってしまっているのです。
ドライアイと聞くと、誰もが大した事ではないと軽視するかと思いますが、
深刻な場合は、人工涙液や涙点プラグなどが必要になる事もあります。

他にも合併症としては、

術前より矯正視力が低下し、
眼鏡やコンタクトレンズ、再手術によっても矯正できないことがある事をはじめ、

多くのリスクがつきまとっているのです。

また、現段階ではレーシックは保健適応外になっており、
費用も患者様ご自身の全額負担になってしまいます。

快適な生活を手に入れる為に、決心して挑んだ手術が、
後遺症を残してしまっては何の意味もありませんよね。

特に、人間は視覚に頼る生活の割合が高いため、目に不自由があるというのは、
とても耐え難いものです。

私のもとに相談にいらっしゃる人たちのほとんどが、このレーシック手術に
不安や心配、そして金銭的な面で悩んでいる事が多いのです。

「視力は回復したいけど、手術は心配…」
「大金をかけてまで手術をする余裕がない…」
「知り合いはレーシックで視力が良くならなかった…」


あなたも、こんな気持ちになった事はありませんか?

最近では、私たちの周りでもレーシックを受ける人が多くなり、
100%安全!と思うかも知れませんが、
絶対に安全だという事は言い切れません。

実際に、レーシックでの失敗や後遺症はニュースにもなりましたよね…

インターネットで「レーシック 失敗」で検索していただければ、
現実をご理解いただけるかと思います。

他にも近視の方には「メガネやコンタクトレンズは煩わしい」という悩みもあります。

普段から、メガネやコンタクトレンズを使っている方も大勢いらっしゃるかと思います。
しかし、メガネやコンタクトレンズは視力を回復させてくれません。

それどころか、悪化していく一方です。

今、あなたが使っているメガネは、何年前に購入したものでしょうか?

もう、合わなくなってきているのではありませんか?

近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

メガネやコンタクトレンズは、
使用している時こそ矯正効果を得られますが、
裸眼になると、結局元に戻ってしまうわけです。

近視の原因を解決せずに、その場限りの矯正を行っていても、
当然目が良くなる事はありませんよね。

そんな悩みが多かったからそこ、私はこの「近視改善エクササイズ」を確立させたのです。

本来、正しい知識さえ持っていれば
例え手術を受けられないお子様でも、角膜が薄い人でも、近視を改善出来るのです。


近視改善で視力回復!自宅で出来る〜今野式近視改善エクササイズ

近視の回復の方法とは
私のお伝えする近視回復エクササイズやトレーニングは、
効果がある事が実証された方法で、どこにも出回っていないものです。
posted by 視力回復 at 14:37| 視力改善エクササイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。