2008年12月27日

視力が悪くなると

視力が悪くなると

視力が悪くなると殆どの人がメガネかコンタクトレンズを使用します。

最近では「レーザー手術」なるものも出始めております。

コンタクトレンズはとても便利ですが、便利になり過ぎているからこそとても怖い落とし穴があります。

コンタクトレンズは直接眼球に触れさせるものです。そうするとコンタクトを乗せる角膜は傷つき易く、
レンズの取り扱いを誤って失明してしまったケースがいくつも報告されています。

以前はハードレンズが主流でしたが今ではソフトが主流になっています。

このソフトレンズを使用している人に深刻なトラブルが起きています。

初めは医者の忠告をきちんと守って装着・ケアーを守っているのですが慣れてくると段々と扱いがいい加減になってしまい、コンタクトを装着したまま眠ってしまったり1日使い捨てのコンタクトを数週間使い続けてしまったりする事が良くあります。

これはとても危険な事です。

不潔なレンズを使用すれば、ウイルス性角膜炎などを引き起こす可能性がありますし、装着したまま
眠ってしまうと角膜浸潤を起こしてしまいます。

角膜浸潤とは、角膜の表面の細胞が傷ついてしまう状態です。

また、さらに恐ろしいのはもっと深くまで細胞が傷ついてしまう角膜潰瘍です。

不潔な(汚れていない様でもウイルスが繁殖している可能性がございます。)レンズを長時間使用し
続ける事で起こる感染症角膜潰瘍となると、激烈な痛みや充血を起こし、最悪失明になってしまう
おそれがございます。

抗生物質を投与して治療する事になりますが、失明を逃れても角膜の濁りが残ることもあります。

本来コンタクトレンズは眼科医の適切な指導の下購入する事になっておりますが今ではネットで
大量にしかも格安で購入できるのが現状となってしまいなおさら本人のケアー意識が問われる事に
なっております。


メガネは、第一に掛けていてわずらわしさを感じます。

また、メガネに慣れてしまうと、どんどんと視力が落ちてしまいます。

毎回のように度数の高いメガネを買い替えなければならないので経済的にも良くないですし、
無くし易い・壊れ易いなど、本当に神経を使います。
posted by 視力回復 at 18:08| 視力回復 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。